2011年4月30日、パリ日本文化会館 – Concerts solidarité Japon – “コンチェルトの夕べ”

前日の室内楽コンサートに引き続き、パリ日本文化会館でのコンサートです。
この日は「コンチェルトの夕べ」と銘打たれ、UNESCOで好評を博した、ジャポネードオーケストラの団員を中心に構成されたジャポネード室内オーケストラと阿部加奈子さんの指揮により、フルート、ヴァイオリン、ピアノのコンチェルトが華やかに演奏されました。
千々石英一さんをソリストに迎えたヴィヴィルディの「春」から華やかに幕を開け、フルートの上野星矢さんはモーツアルトのコンチェルトとアンコールにバッハの組曲からBadinerieを。バッハのヴァイオリンコンチェルト、広瀬悦子さんをソリストに迎えたモーツアルトのピアノコンチェルトと、小編成オーケストラとのコンチェルトの名作が会場の空気を軽やかにします。
2011年の春は涙なくして語れない悲しい出来事がおきた中で、春のやさしさを思い起こさせるひとときが流れる、そんな二日間のコンサートでした。

チケット収益による2490ユーロ、募金箱に集められた399.60ユーロ、合計2889.60ユーロがパリ日本文化会館を通して日本赤十字社に寄付されます。

演奏者の皆様、ご来場くださった皆様のご協力とお気持ちに心より感謝いたします。

千々岩英一, ヴァイオリン
上野星矢, フルート
広瀬悦子, ピアノ
ジャポネード室内オーケストラ 指揮:阿部加奈子

カテゴリー: 日本語   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です