日仏女性劇団セラフ “La Vague” – 波

“L’océan dans la rizière”
『波』ー 蒼佑、17歳のあの日からの物語より
1508565_10151904149278740_751300956_n
リシャール・コラス著
翻訳:松本百合子

日程:2014年1月 22, 23, 24日 20h30より
1月24日の公演後、”L’océan dans la rizière” -『波』の著者
リチャード コラス氏と観客の皆様との対談を行います。

会場:l’Espace Culturel Bertin Poirée
8-12 rue Bertin Poirée 75001 Paris
予約: 01 44 76 06 06 (12h-19h)
e-mail:resa@tenri-paris.com
サイト:www.tenri-paris.com

料金:15 €, 12 € (割引), 9€ (会員)
主催:日仏女性劇団セラフ
協賛:ジャポネード、天理文化協会


【あらすじ】

高校2年生の蒼佑は両親、祖父母、96歳の曾祖母とともに気仙沼に暮らしている。姉の香菜子は市役所で防災無線のアナウンスの担当者だ。昭和8年に三陸地震が起きた3月3日がくると毎年、夕食後に、地震を経験したキクばあちゃんの話を聞くのが一家のならわしだった。
3月11日は蒼佑の17回目の誕生日。初めての恋に浮かれる蒼佑は付き合い始めたばかりの葵に明日こそ勇気を振り絞ってキスしようと心に決めてその日を迎えた。
しかし突然経験したことのない揺れが足もとから蒼佑の運命に襲いかかってきた。

2011年3月11日 - 『波』
それは、蒼佑のすべてを奪っていった。家族も、初恋も、ふるさとも。
絶望の真っただ中に放り出されて途方にくれる蒼佑の前に突然、見知らぬ青年が現れる。

登場人物:
蒼佑:田中三恵
謙三:増喜優子
豊、ボランティア:永島由紀子
廉蔵、自衛隊:岡村美雪
警官、老婆の娘、チアガール:川岸紀恵
母、学生:弘子
チアガール、老婆:輿水 美幸
校長先生:Kirkham 聖子
キクばあちゃん、葵:岡田小夜里

歌:森真子、Joly 由紀、永島由紀子、岡村美雪
効果音:毬和恵
ピアノ(エピローグ):田中 Lacze レア
声:和佐沙映、Vanina Luciani、Anne-Dominique Boulle
François Luciani

サックスフォン:奥野舞
トランペット:山崎友加

写真:Richard Collasse

演出・振り付け・シナリオ:岡田小夜里
演出アシスタント:井上弘子
翻訳(『避難所』部分)、字幕スーパー:Vanina Luciani
音響:加藤梨華
照明:Margot Olliveaux

Special thanks :
上條啓二 (Franck Provost Japan)
菊田一平(集英社)
菅原 昭彦 (株式会社 男山本店 気仙沼)
隅田佐和佳
満山英昌(レストラン おぐら)
村上友子(気仙沼)
大久保美紀
斉藤より子
出頭道子
François Veit

気仙沼市の皆様

カテゴリー: 日本語   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です