BnF主催 日仏女性劇団セラフ “La Vague” – 波 チャリティー演劇公演報告

震災から4年と3日が過ぎた2015年3月14日、フランス国立図書館大ホールにて日仏女性劇団セラフによる演劇作品『La vague – 波』が上演されました。

東日本大震災を題材としたリシャール・コラス氏の小説 “L’océan dans la rizière” (田んぼの中の海) をもとにつくられた演劇作品『波』。実際に起った様々なエピソードを紡いだ物語は、今なお少しも褪せることなく胸に迫ります。
舞台美術ではなく役者がアンサンブルと化して描写される情景。昨年の初演から回を重ねるごと更に深められた表現に、あたかも2011年3月11日当日その場にいるかのような想いが広がりました。

終演後はパリ小町の皆さんのご協力をいただき募金活動を行いました。
震災から4年が経つフランスの地で、あらためて東北の災害を深く思う一日となったこの日、2,702ユーロものご寄付が集まりました。
全て気仙沼地区のジュニアジャズオーケストラ『スウィングドルフィンズ』に送金され、震災で失われた活動拠点の確保をはじめとする今後の演奏活動に役立てられます。『スウィングドルフィンズ』の活動を通し、より一層の気仙沼地区の文化復興と発展につながりますよう、心よりお祈り申し上げます。



公演にたくさんのご来場をいただきどうも有難うございました。
会場の技術的な事情により席数不足となり、更にBnF会場責任者の判断により一部予約のないご来場者を入場させてしまったため、事前にご予約頂いていたにもかかわらず大オーディトリアムにご入場いただけなかった方がいらっしゃいました。ご予約頂いていたお客様を何としても優先的にご案内したかったのですが力及ばず、真に申し訳ございませんでした。メンバー一同心からお詫び申し上げます。
難しい状況にもかかわらず、多くの方から公演へのご理解とご協力、また私共へのご理解とお励ましの言葉をいただき、感謝とともに、かつてないこのような事態を二度と繰り返すことのないよう、より一層今後の復興支援活動に精進する所存でございます。
小オーディトリアムでの生中継の画質、カット割り、字幕は予想以上に観やすく、BnFの素晴らしい設備と技術がせめてもの救いでした。
皆様の温かいご支援ならびに全ての関係者のご尽力に深く感謝申し上げます。

カテゴリー: 日本語   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です