久石譲 東日本大震災チャリティーコンサート

2011年6月23日、平日にもかかわらずパリ19区のコンサートホールZenith Parisは約4000人の観客の熱気に包まれました。

この日のために特別に編成されたオーケストラと合唱団、ソプラノのソリスト、それらをひとつにまとめる久石譲さんは、指揮だけでなく時にピアノの弾き振りも交え、ステージと客席の隅から隅までをその音楽とカリスマ性で惹きつ​けて行きます。

舞台後方に設置されたスクリーンにはジブリをはじめとする映画の主要シーンが映し出されました。
コンサート終盤には被災地のスライドショーが流れます。津波が去った後の瓦礫の町、その被害の甚大さに会場じゅうが息を呑みました。
しかし、被災地の方々の顔はどれも笑顔で、その笑顔の映像に続いて映しだされたのは
『「Merci」 世界へ、ありがとう。』
の文字でした。

日本を応援してくれている世界の皆さんへの「ありがとう」がたくさん詰まったコンサート。
会場を後にする方々の笑顔を見て、その「ありがとう」は皆さんの胸にしっかり響いたことを心から感じました。

この日集まった募金
ユーロ現金:4547.88€
ユーロ小切手:50€ (KnK Network France宛)
JPY 1,000円
USD 40ドル
NZD 25ドル
CHF 20フラン
外貨の小銭若干

これに加え、コンサートの入場料から経費を差し引いた3万ユーロが国境なき子どもたち(KnK) を通して、被災地の子供たちへの楽器・音楽支援のために送られます。
コンサートにお越しくださいました皆様、素晴らしい音楽を奏でてくださった音楽家の皆様、このコンサートのためにご尽力くださいました全ての関係者の皆様、そして感動的なメッセージを伝えてくださったマエストロに心からの感謝を込め​て。
どうもありがとうございました。

JOE HISAISHI | CONCERT CARITATIF EN FAVEUR DU JAPON | TOUS EN CHŒUR

カテゴリー: 日本語   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です