SOLIDARITÉ JAPON À LA GALERIE VIVIENNE

ギャラリー・ヴィヴィエンヌは「パリで最も美しいパッサージュ」と言われる、パリの歴史的地区です。1970年に高田賢三氏が初の店舗を出した事もあり、日本とは当時から深い関係にありました。3月11日の震災の報を受け、ギャラリー・ヴィヴィエンヌ内の商工会から「日本の復興支援の為に何かできないか?」と言う申し出を受け、JAPONAIDE主催のイベントを企画する運びとなりました。

企画目的として日本復興支援の為の義援金を集めると同時に、三ヶ月が経ちフランス人の記憶から薄れ始めている震災での出来事を、もう一度思い出してもらう事。そして震災後100日目・101日目という節目に際し祈りの場とする事。以上を踏まえ、スペクタクル「Contre les Flots (波への抗い)」を制作しました。

JAPONAIDEのおよそ三ヶ月にわたる日本支援の活動において、故郷を思う日本人の想い、異国日本を思うフランス人の想いをひしひしと感じました。感謝と同時に強い連帯を感じ今回の全体のイベントを「SOLIDARITE JAPON A LA GALERIE VIVIENNE (ギャラリー・ヴィヴィエンヌにおける日本の為の連帯)」と名付けました。

6月18日、日本大使館の濱島氏、ギャラリー・ヴィヴィエンヌ商工会会長 Isaura Brachfoge氏のスピーチから始まりEnsembre Notre Prièreによるクラシック・アレンジの日本童謡。ボルドーから参加していただいた箏奏者 宮崎美枝子氏の素晴らしい演奏により幕が開けました。

6月19日、パリで活躍するパティシエによるチャリティ団体 LABO LOVE JAPONとギャラリー・ヴィヴィエンヌにあるサロン・ド・テ「Priori Thé」によるお菓子販売がありました。また、北九州のつじり茶屋さんからもお茶の提供を頂きました。

アトリエ・ジャポネードとギャラリー・ヴィヴィエンヌの玩具店 Si Tu Veuxによる折り紙教室も盛況で、沢山の家族連れが訪れ、折り紙を折ったり、塗り絵をしたり、短冊に願い事書いたりと楽しいひとときを過ごしてくださいました。画家 Kyoko Dufaux氏による作品の展示もありました。

また、ギャラリー・ヴィヴィエンヌ商工会による雑貨の販売、A-Bisによる雑貨販売、Emilio Robbaによる写真販売、そしてその他有志たちのバザー。Bistrot Vivienneからは売り上げの一部を寄付していただきました。

ギャラリー内にはこのイベントの為に制作された重富豪氏の墨絵を、木田俊一氏が和紙に染め上げた作品が六点円形広場に展示されました。その円形広場において、和太鼓 真による迫力ある和太鼓演奏。千田悦子氏による古典の琴演奏。Sophie Marchand氏と樋口由利氏による円形広場を劇場に見立てた歌曲。日本から来たSING! EBISUによるコーラス。école SAYUにおいて二刀流の師範をつとめる松浦眞人氏による演武。そして、アコーディオニストtacaによる情熱的な演奏。

クライマックスはJAPONAIDE監修、奥野衆英演出によるスペクタクル「Contre les Flots」。総勢30名にも及ぶ出演者によるスペクタクルは、観る者の心を揺さぶり、日本人、フランス人を問わず多くの方が涙を流されました。

ラストシーンでは、観客が購入したロウソクがひとつひとつ灯され、最後には100以上ものロウソクが会場を美しく力強く照らしていました。その灯火ひとつひとつが祈りであり、悼みであり、願いです。一人一人の想いが被災地に届く事を祈っています。

6月18日&19日「SOLIDARITE JAPON A LA GALERIE VIVIENNE
義援金総額:4689.19€


カテゴリー: 日本語   タグ:   この投稿のパーマリンク

SOLIDARITÉ JAPON À LA GALERIE VIVIENNE への5件のコメント

  1. ピンバック: ビデオ : Ensemble Notre Prière | JAPONAIDE

  2. ピンバック: ビデオ : Ensemble Notre Prière ギャラリー・ヴィヴィエンヌ | JAPONAIDE

  3. ピンバック: [video] 宮崎美枝子 ギャラリー・ヴィヴィエンヌ | JAPONAIDE

  4. ピンバック: [video] Mieko Miyazaki Concert Koto | JAPONAIDE

  5. ピンバック: [video] 和太鼓 真: 和太鼓演奏 | JAPONAIDE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です