日本伝統芸能の夕べ

10月5日水曜日、バスティーユのライブハウス Studios Campus にて繋太鼓センター主催によるチャリティーイベントが行われました。
「芸術を通してどのように人びとに立ち上がる勇気を与え、よりよい明日を共に作り出せるか」というテーマのもと、コンサートとしてお客さまに聴いていただくだけではなく、曲の合間に楽器や踊りの解説をしながらのステージと客席に距離を感じさせないアットホームなイベントでした。

スペシャルゲストとして日本から和太鼓兄弟ユニット「は・や・と」の金刺敬大さんを迎え、迫力ある太鼓の響きに圧倒されました。
また、郡上踊りの「げんげんばらばら」「春駒」や「阿波踊り」、日仏尺八ユニットによる「荒城の月」なども披露されました。
クライマックスは出演者全員がステージへ上がり、アフリカ人パーカッショニストやお客さまも一緒に太鼓を叩き、まさに音楽には国境がないことを再認識しました。

募金箱に集まった額は279.55ユーロでした。
主催者・繋太鼓センターさまの意向で130ユーロは会場費とし、149.55ユーロがJAPONAIDEを通じてアートリバイバルコネクション東北へ寄付されます。
会場 Studios Campus 責任者様のご厚意と主催者側の会場費半額負担により、会場費130ユーロが80ユーロとなりました。これにより、集まった279.55ユーロのうち199,55ユーロが寄付としてJAPONAIDEを通じてアートリバイバルコネクション東北へ送られます。
足を運んでくださったみなさま、繋太鼓センターはじめ出演者のみなさま、どうもありがとうございました。

カテゴリー: 日本語   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です