具体芸術館でディナモ・フクシマ

「アートで被災地支援」をテーマとした、現代美術作家ヤン・トマと彼が主宰するウエスト・ルミエールのメンバーによるインスタレーション「ディナモ・フクシマ」の第2弾が、2011年12月11日から2012年6月3日まで具体芸術館(Espace de L’Art Concret)で繰り広げられました。ジャポネードは、「ディナモ・フクシマ」のオフィシャルパートナーとして、毎回、会場でのバッジ販売などの機会をご提供いただいています。
www.dynamo-fukushima.org

具体芸術館は、カンヌ北部10キロに位置するムアン・サルトゥー市に建てられた中世の城を中心とした会場で、主に歴史的前衛芸術作品を保有しながら、活発に現代アートに門戸を開いています。
今回の「ディナモ・フクシマ」は同館主催による「Art et bicyclette(芸術と自転車)」という企画展の中で紹介されました。
www.espacedelartconcret.fr

半年間の開催期間中、29個のジャポネードバッジを販売して頂き、具体芸術館より売り上げ金の全額59€をジャポネードに送金していただきました。この収益金はジャポネードの被災地支援活動経費(主に日本への海外送金手数料)に充てさせていただきます。

具体芸術館スタッフの皆様およびヤン・トマ氏&ウエストルミエールのご理解とご協力、そしてバッジをご購入下さった皆さまに心より御礼申し上げます。また、具体芸術館売店スタッフの皆様におかれましては、バッジ販売に伴う様々な作業に快く応じてくださり、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 日本語   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です