« 福島の子供たちの為に »

2012年9月29日 秋のさわやかな青空の広がる週末 セーヌ川に面するCité international des arts のオーディトリアムにて、日仏をはじめとして各国の音楽家やアーティストによる、SOIREE MUSICAL “EN SOLIDARITE AVEC LES ENFANTS DE FUKUSHIMA” 音楽の夕べ « 福島の子供たちの為に » と題された、音楽会が開催されました。

ほぼ満席のお客様の中、心が洗われるような澄み切ったハープとヴァイオリンの協奏や心のこもった歌唱の数々、福島での体験によって作られた俳句集への返歌としてのコンテンポラリーダンス、そして国際的に活躍をされているフローラン・エオーさん、パトリック・ジグマノフスキーさんのクラリネットとピアノによる珠玉の競演。出演者の皆様の心から福島の子供たちを思っての熱演に、胸があつくなる時を過ごせました。

今回の音楽会では、チケットの収益1,695ユーロから経費557.96ユーロを除いた分と募金箱に寄付していただきました 244.50ユーロをあわせまして、合計1,381.54ユーロが地震、津波、原発の事故などで戸外で思う存分遊ぶことができなくなった子供たちの心のケアを考えながらキャンプを実施している「みどりの東北元気キャンプ」に全額送られます。

出演者の皆様、会場にお集り下さった皆様、どうもありがとうございました。
長期戦となる東北支援ではありますが、心を引き締めこれからもがんばっていきたいと思っております。


以下は主催者様よりいただきました会計報告です

会計報告
収入チケット売上113枚分
会場での寄付
1,695€
244.50€
 
計 1,939.50€
支出会場費
練習室使用料
チラシ・ポスター印刷
406.64€
38.84€
112.48€
 
 
計 557.96€
残金 1,381.54€
東北みどりのキャンプにお送りする合計額 1,381.54€

2012年10月8日 (月)
松田京子、東海林悦子

国際振込手数料JAPONAIDE負担にて送金させていただきました。


カテゴリー: 日本語   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です