カテゴリー別アーカイブ: 日本語

BnF主催 日仏女性劇団セラフ “La Vague” – 波 チャリティー演劇公演報告

震災から4年と3日が過ぎた2015年3月14日、フランス国立図書館大ホールにて日仏女性劇団セラフによる演劇作品『La vague – 波』が上演されました。

東日本大震災を題材としたリシャール・コラス氏の小説 “L’océan dans la rizière” (田んぼの中の海) をもとにつくられた演劇作品『波』。実際に起った様々なエピソードを紡いだ物語は、今なお少しも褪せることなく胸に迫ります。
舞台美術ではなく役者がアンサンブルと化して描写される情景。昨年の初演から回を重ねるごと更に深められた表現に、あたかも2011年3月11日当日その場にいるかのような想いが広がりました。

終演後はパリ小町の皆さんのご協力をいただき募金活動を行いました。
震災から4年が経つフランスの地で、あらためて東北の災害を深く思う一日となったこの日、2,702ユーロものご寄付が集まりました。
全て気仙沼地区のジュニアジャズオーケストラ『スウィングドルフィンズ』に送金され、震災で失われた活動拠点の確保をはじめとする今後の演奏活動に役立てられます。『スウィングドルフィンズ』の活動を通し、より一層の気仙沼地区の文化復興と発展につながりますよう、心よりお祈り申し上げます。


(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

フランス国立図書館主催 日仏女性劇団セラフ “La Vague” – 波 チャリティー演劇公演

La Vague BnF“L’océan dans la rizière”
『波』— 蒼佑、17歳のあの日からの物語より

リシャール・コラス著
松本百合子翻訳

日程:2015年3月14日(土)
著者講演会 16h30 より フランス国立図書館 プチオーディトリアムにて
演劇公演 17h30 より フランス国立図書館 グランドオーディトリアムにて

会場:フランス国立図書館 フランソワ・ミッテラン館
Quai François Mauriac, 75013 Paris

主催:フランス国立図書館
制作:日仏女性劇団セラフ
協賛:ジャポネード
入場無料:(任意による寄付)
皆様からご協力戴きます募金は全て気仙沼地区のジュニアジャズオーケストラ『スウィングドルフィンズ』に送られます。

BnF   日仏女性劇団 ラ・カンパニー・セラフ   JAPONAIDE

réservation uniquement pour la représentation
オンライン予約フォーム

(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | タグ: , , | コメントをどうぞ

Support Our Kidsを迎えて 2014

2014年6月18日、昨年に引き続き、東北から2週間のフランスステイにやって来たSupport Our Kids の10名の中・高生のみなさんをパリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学の講堂でお迎えしました。今回は、昨年のこの会に参加して下さった東北に対する意識をフランスで広く啓蒙している現代アーティストであり、大学教授でもあるヤン・トマ氏の全面的なバックアップの下、同大学のご協力によりこのようなアカデミックな会場での開催を実現することができました。

IMG_0087-壇上ではまず、ヤン・トマ氏より「フランスは日本の子どもたちに対して常に広く門を開けて待っている。東北の問題は広く世界に考えられ今後に生かされる」という大学長からのメッセージが伝えられました。その後、私たちジャポネードからフランスにおける支援活動報告を行いました。そして Support Our Kids の参加メンバーの中から代表して6人の子どもたちから体験発表がありました。被災から3年が経った彼らの言葉は、今でも3年前の被災地のイメージを持って活動している私たちの意識に大きな変革をもたらしてくれました。なぜなら、彼らにとって震災はただの過去の記憶ではなく、既にその経験が意識として自らの未来に向けられ、自分たちのやりたいことにはっきりとした方向性を見いだしていたからです。
(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | タグ: , , | コメントをどうぞ

スウィングドルフィンズからのお手紙

スウィングドルフィンズ 菅野様より

本日,6,000ユーロの入金通知がありました。正直,金額の多さに運営委員一同ビックリしております。本当にありがとうございました。
近況報告になります。9月に行われる,仙台定禅寺ジャズフェスティバルにエントリーしました。10月には,秋田で国民文化祭が行われますが,昨年度プレステージで演奏した縁で,今年度のステージに出演の話が来ています。現時点で,前向きに検討中になります。バンド自体は,昨年度14名ものメンバー卒団した穴は大きく,現在,補充に力を入れているところです。
今後も近況並びに支援していただいた金銭の支出につきまして報告させて頂きます。
ドルフィンズ 菅野


311 NEW MORNING JAPAN
311 NEW MORNING JAPAN ご報告
311 New Morning Japan

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

[video] 311 NEW MORNING JAPAN

去る2014年3月10日、トランペッター日野皓正さんを中心に、パリのジャズシーンの老舗ニュー・モーニングにて行われたチャリティーライブの模様です。
このイベントについて詳しくは下記のリンクをご参照ください。
311 NEW MORNING JAPAN ご報告
311 New Morning Japan【告知:出演者情報等】

カテゴリー: 日本語 | タグ: , , , , , , , , , , , | 1件のコメント

Les renaissances ご報告

2014年3月11日、震災から3年目となるこの日、フランスにおける日本文化発信の要であるパリ日本文化会館で、Women and Health (WAHA) Alliance International、IKEBANA internationalパリ支部、パリ日本文化会館、そしてJAPONAIDEの4団体共催による、被災地の母子サポートのためのチャリティーイベント「Les renaissances ー新しい命と復興ー」を開催致しました。
黙祷の後に幕を開けた第一部は、舞踏と音楽、そしていけばなの共演による「Cercle de vie(生命の環)」と題したスペクタクル。舞台は、母体の中の赤子の鼓動すらも聞こえてきそうな、繊細なピアノの旋律とともに生命の息吹を描いたダンス「静」で始まります。
続いてその生まれた命を取り巻く自然の力「動」を、池坊・小原・草月のいけばな三流派がデモンストレーション「大地・空・海」で表現。Cercle de vie最後に、活けられた花の間を蝶のように舞うダンサーが「静と動の共存」を体現し、被災を乗り越え生まれ育つ命の尊さを伝えました。
第2部では、被災地で助産師として活動されている東北大学の佐藤喜根子先生による講演会を開催。その中で被災地の母子状況について、問題点や解決方法、そして今後の課題などを具体的な例や数字を用いてご説明いただきました。
(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

311 NEW MORNING JAPAN ご報告

去る3月10日、パリのジャズシーンの老舗ニュー・モーニングにて311 NEW MORNING JAPANが開催されました。
たくさんのご来場をいただきどうもありがとうございました。
おかげさまで超満員となった熱気溢れる客席に呼応するように、フランスで活躍するミュージシャンの皆様との一夜限りの日野皓正フレンチカルテットをはじめ、日本から来られた出演者の皆様とともに素晴らしい演奏を披露してくださいました。
日野皓正さんは軽妙洒脱なトークに交え被災地への想いも語ってくださり、そのパワフルな演奏に、ご来場のお客様のみならず、共演したミュージシャン、そしてボランティアスタッフにとっても忘れられない夜となりました。

311 NEW MORNING JAPAN - Never Forget 311
(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | 4件のコメント

Les renaissances ー新しい命と復興ー

被災地でスポットのあたりにくい母子の生活。WAHA FLYER
妊娠から出産まで、このテーマで1部は生け花とダンスのスペクタクル、
2部に東北大学の助産師有志の会代表による講演会をおこないます。

途上国で母子保健向上に努めるWomen and Health Alliance (WAHA) International, ジャボネード、そしてフランスの生け花普及の第一線である生け花インターナショナルパリ支部が3月11日に被災地へ向け思いを一つにします。
入場料すべて宮城県助産師有志の会へ送り、被災地で安心して出産、育児が出来るよう施設の運営費、妊娠中の精神ケアができる助産師の研修費に使用されます。

日 時 2014年3月11日(火)19時
会 場 パリ日本文化会館 地下3階大ホール
101Bis Quai Branly, 75015 Paris
メトロ / Bir-Hakeim (ligne 6), RER / Champ de Mars – Tour Eiffel (RER-C) 
入場料 20.00 ユーロ
予 約 01 44 37 95 95 (電話受付 パリ日本文化会館)
(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

311 New Morning Japan

このコンサートは日本時間の311ですが現地フランスでは10日です。
ご来場の際はお間違いのないようご注意ください。

日野皓正Terumasa HINO - 311 New Morning Japan フレンチ・カルテット
& “MOTOKOTO” × “J & K”

東日本大震災より3年目。3月10日、パリのジャズのメッカNew Morningにて、震災地支援コンサートが行われます。
メンバーは世界的に有名なトランペット奏者の日野皓正さんを中心に、日仏で活躍中のミュージシャンたちが大集結。
New Morning Japan、日本の新しい朝=新しい明日のために熱い演奏を聞かせてくれることでしょう!
ジャズファンでなくとも必聴です!MOTOKOTO

なお、本コンサートの収益は気仙沼ジュニアジャズオーケストラ THE SWING DOLPHINS に活動費として寄付されます。
また、当日は「お経」と「即興演奏」とのコラボを収録した「慈愛LOVE」CDとジャポネードグッズも販売予定です。J & K

日時 : 2014年3月10日(月)20時
会場 : New Morning
7-9 Rue des Petites Écuries 75010 Paris
メトロ Gare de l’Est (5および7番線), Château d’Eau (4番線) 
チケット : 19.80 ユーロ小野江一郎 ドラムス
村山浩 ピアノ
Matyas SZANDAI Bass

ミュージシャン

日野 皓正(トランペット)
小野江 一郎(ドラム)
マティヤス・サンダイ(コントラバス)
村山 浩(ピアノ)

MOTOKOTO :
岡本 博文(ギター)
祇園 真箏(ヴォーカル)

J & K :
梶原 順(ギター)
安達 久美(ギター)

下記のオンラインチケット・サービスでお求めになれます
fnacで予約digitick.comで予約

Terumasa Hino Trumpet

共催 : RAG International Music, ジャポネード
後援 : 渋谷区観光協会
協賛 : JAPAN AIRLINES, SPEAKEASY, EXA PARTNERS, ASFJA

カテゴリー: 日本語 | タグ: , , , , , , , , , | 2件のコメント

日仏女性劇団セラフ「波」公演

震災から間もなく3年を迎えようとする2014年1月22〜24日、パリ中心に位置する天理日仏文化協会のエスパス ベルタン・ポワレにて、日仏女性劇団セラフが「3.11」をテーマとする舞台「波」を上演しました。Seraph "La Vague"
この作品は、シャネル日本法人社長であり、小説家としても知られるリシャール・コラス氏が、被災地で目の当たりにした悲劇の数々を一つの物語として綴った著書「波 蒼佑、17歳のあの日からの物語」の一部を舞台化したものです。
3日間の上演期間中には、日仏多くの人々が来場し、最終日にはコラス氏の姿もありました。
(さらに…)

カテゴリー: 日本語 | タグ: , , , , , | 2件のコメント